» TwitterBotのブログ記事

Ubuntu 12.04.2 LTSとruby 1.8.7とRubyGems1.7.2で作っていきます。

Ruby1.8.7をインストールする。

Dashホームから「端末」を起動し、「sudo apt-get install -y ruby ruby1.8-dev」を実行しインストールを行います。

「ruby -v」を実行しバージョンを表示してみます。

RubyGemsをインストール。

sudo apt-get install -y rubygems

バージョンを確認

gem -v

1.7.2以外のバージョンでも問題ないかもしれません。

rubygemsのアップデート方法

sudo gem install rubygems-update

sudo /var/lib/gems/1.8/bin/update_rubygems

バージョンを確認

gem -v

rubygemsのダウングレード方法

gem list rubygems-update

上記コマンドで表示されたバージョンを下記コマンドのバージョン部分と置き換えて実行。

sudo gem uninstall -v 1.7.2 rubygems-update

sudo gem install -v 1.3.7 rubygems-update

sudo update_rubygems

gem -v

RubyGemsの使い方は下記ページを参考。

Ruby/Rubygems使い方まとめ

RubyでTwitterAPIを使うために「twitter」をインストール。

sudo gem install twitter

ツイッターアカウントの登録とツイッターサービスの登録。

アカウントはツイッター公式で取得。

サービスの登録はhttp://dev.twitter.com/apps/newで登録します。

取得したツイッターアカウントでDevelopersサイトにログインしたら
画面右上の自分のツイッターアイコンをクリックしてMy applicationsをクリック。
My applications画面右のCreate a new applicationsボタンをクリック。
Application DetailsのName、Description、Websiteに記入。
例
Name:初めてのボット
Description:テスト用のツイッターボット
Website:http://hogehoge.com

※Websiteの部分は連絡先のURL、無ければ自分のツイッターアドレス等。

Developer Rules Of The RoadのYes、I agreeをチェックして

CAPTCHAに表示される2個の単語を入力、Create your Twitter applicationボタンをクリック。

Your access tokenの下にあるCreate my access tokenボタンをクリック。
OAuth toolタブをクリックしてConsumer Key、Consumer secret、Access token、Access token secretの値を
メモしておきます。

Settingsタブをクリック。Application TypeでRead and WriteかRead、Write and Access direct messagesを
チェックしてUpdate this Twitter applications settingsボタンをクリックします。

これで準備完了。
2018年12月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

広告

現在の住まい、将来はVPSへ引越します。 ロリポップの上位版です。

広告

広告

最近のコメント

    広告

    Railsを動かす予定のVPS。無料キャンペーン中。

    広告